賃貸からの引っ越しで模様替えした部屋について

賃貸からの引っ越しで模様替えした部屋について

賃貸の引っ越しにおけるアドバイス

賃貸からの引っ越しで模様替えした部屋について
私は大学時代に賃貸に住んでいました。学費は親から出してもらっていたものの、その他の賃貸の家賃や生活費、お小遣いなどは全て自分で出していました。そのため、毎日、アルバイトに精を出していました。大学はなんとか無事に4年間で卒業でき、その後は他県で就職し、今に至ります。これまでの人生の中で、引っ越しは3回経験しています。1度目は大学入学のときです。2度目は就職のときです。そして3度目は結婚したときです。このように大学で賃貸に住み始めて以来、何度か引っ越しを経験していますので、そのときにのアドバイスをお伝えします。

まずは引っ越しの準備についてです。大きく分けると3つあります。1つ目が荷物整理です。2つ目が大家さん、不動産会社への連絡と部屋の状態の確認、3つ目が公共料金等の各種手続きです。この中でも、最も時間がかかるものが荷物整理です。長年住んでいると、思っているよりも多くの荷物やゴミが溜まってしまいます。思い切って断捨離をすることをおすすめします。しかし、どうしても持っていきたいものや生活必需品などに絞っても、自分で運べる量を超えた場合は、引越し業者に依頼することになります。その際には、必ず複数社から見積もりを取ることをおすすめします。私もどの業者でも同じだと思っていましたが、正直、全く金額が違うことがわかりました。荷物の量だけでなく、配送方法、チャーター便なのか複数人分を一度に配送するかなどで違ってきます。また、業者の拠点が引越し先に近いところにあるか、などでも金額が変わってくるようです。

その他のオススメ記事

関連サイト

Copyright (C)2017賃貸からの引っ越しで模様替えした部屋について.All rights reserved.