賃貸からの引っ越しで模様替えした部屋について

賃貸からの引っ越しで模様替えした部屋について

賃貸への引越でタレントやプロ選手の手続き

賃貸からの引っ越しで模様替えした部屋について
タレントと言いますと、事務所に所属している人が多いです。そしてそちらから給料がもらえる仕組みになっています。しかし、社員ではありません。会社とマネジメントの契約をして、仕事をもらっている状態です。行なった仕事に対して、給料がもらえるようになっています。税金が天引きされていることがあります。プロスポーツ選手もチームに所属していてもそのチームの社員ではありません。タレントと同様に仕事をもらっている関係になります。

こういった人が賃貸へ引越しするとき、それが別の市区町村になるのであればある手続きが必要になります。それは、国民健康保険です。タレントによっては所得が少なく、親などの扶養に入っていることがあります。その場合は特に手続きはいりません。しかし、自分の所得で生活しているのであれば、自分の住んでいるところの国民健康保険に入っています。市区町村が運営していますから、市区町村が変われば変更の手続きが必要になります。

もともと住んでいたところで被保険者証を返却し、新たに住むところで被保険者証を発行してもらいます。そうすることで、病院などで治療を受けた時も3割負担で受けることができます。持っていないと全額負担しなければいけなくなります。

その他のオススメ記事

関連サイト

Copyright (C)2017賃貸からの引っ越しで模様替えした部屋について.All rights reserved.