賃貸からの引っ越しで模様替えした部屋について

賃貸からの引っ越しで模様替えした部屋について

賃貸に引越しをする時住民税の手続きは必要か

賃貸からの引っ越しで模様替えした部屋について
所得を得た時には、税金を支払います。所得を得るときに源泉徴収してその場で支払いが終わるものもあれば、確定申告をしないといけないもの、会社などが自動的に手続きをしてくれるものもあります。所得税に関しては、国が徴収するものになります。会社勤めをしていれば、源泉徴収と年末調整で完了しています。住民税に関しても、会社の方が特別徴収で給料から天引をして支払ってくれています。従業員は特に何もする必要はありません。

賃貸物件に引越しをする時、住民税の手続きが必要かどうか心配なことがあります。こちらの計算は、1月1日に住所があるところに書類を提出し、それを元に税金を支払うことになります。1月2日に引越しをして住所が変わったからといって、書類の提出先を変更する必要はありません。しかし、年末のうちに引越をしていて1月1日には住所を変更しているのであれば、新たに住むことになったところに書類を提出しなければいけなくなります。

会社勤めの場合は、会社が行ってくれるので問題はありません。自営業者の場合は、所得税の確定申告をするとその書類を市区町村に転送して処理をしてくれるので、この場合も特別に何もしなくても良いと思います。必要に応じて行います。

その他のオススメ記事

関連サイト

Copyright (C)2017賃貸からの引っ越しで模様替えした部屋について.All rights reserved.