賃貸からの引っ越しで模様替えした部屋について

賃貸からの引っ越しで模様替えした部屋について

賃貸への引越手続きで家具の配置はその場で決めないといけない

賃貸からの引っ越しで模様替えした部屋について
全く同じ間取り、全く同じ日当たりなどであれば、次に住むところにおいても全く同じように家具などを配置すればよいでしょう。マンションなどでは、隣同士でも間取りが異なることがあります。基本は同じでも、逆の作りになっていたりするのです。窓の位置が逆になったりしますから、家具を同じように設置すれば違和感を感じることになります。新しい住居に置いて事前に家具の配置図などを決めておきますが、実際に置いた様子はその時初めて知ります。

賃貸へ引越し手続きをする時、決めたとおりに家具を置いてもらいます。そして、全て置き終わりました。配置図と比べたところ全く問題ないのですが、少し違和感を感じます。頭のなかで想像した部屋の様子と、実際に置いた時の様子とが異なるのです。CGなどで細かく配置図を検討すればものの高さなどもわかりますが、あくまでも平面図上に置いていっただけです。置けてはいるけどもバランスが悪かったり、死角ができていたりしていました。

問題があれば配置換えをするのですが、重たいものなどは大変です。ある引越し業者では、引越し後、1回のみ配置換えに対応してくれるとのことです。最初に置いた状態は仮置きで、それで不満があれば、正式に置き直してもらえます。

その他のオススメ記事

関連サイト

  • レオパレス21 グアム知事杯女子ゴルフトーナメント委員会公式サイト【http://www.guamgolf.jp/
Copyright (C)2017賃貸からの引っ越しで模様替えした部屋について.All rights reserved.